クロズミキョウ





→御教えのページ

 

お知らせ


 

今月のお歌

 

有無の山 生死の海を こえぬれば
       ここぞ安楽 世界なるらん

このお歌は、文政六年・教祖神四十四歳の時、石尾高弟に宛てたお手紙の追啓 「今日の追伸」にあります。そこには 「この間ふと浮かみ申し候ままご覧に入れ申し候。有無の山生死の海をこえぬればここぞ安楽世界なるらん。このところなかなか今だ勤まりはつかまらず候えども自然と浮かみ候まま申し上げ候。これ目付の第一と存じ候」とあります。
 この御文でわかるように、現実の世界や生死を超えた絶対の無・絶対の生に着眼され日々御修行に明け暮れたものと拝察いたします。過去から現在・そして未来へと連なる生命の根底に流れる大生命力こそ、不死であり生通しのところであると思います。教祖様はさらに「天照らす神の宮居に住む人は限りしられぬ命なるらん」と詠まれ今に生き続けお働き下されているのです。

    五月の教会所行事
  • 五月七日(日)午後一時より  開運感謝祭   誕生祭・月霊祭も併せて執行いたします。
  • 五月二十六日(金)  第十八回「まることボランティアの日」   詳しくは掲示板をご覧下さい。
  • 五月二十九日(月)午前十一時三十分  東京大教会所・婦人会総会
    六月の教会所行事
  • 六月四日(日)午後一時~   開運感謝祭    六月の誕生祭・月霊慰霊祭も併せて執行いたします。
  • 六月十七日(土)~十八日(日)   吉備楽講習会    ご本部より小野楽長を講師にお迎えしての講習会です。どなたでも参加いただけます。    見学だけでも結構です。どうぞお出かけ下さい


お問い合わせは、教会所03-3795-4142まで