宗忠神社東京分社





→御教えのページ

 

お知らせ


 

今月のお歌

 

いつまでも生き通しぞと思いなば
       月日のたつのも面白きかな

 このお歌は天保十四年、教祖神六十四歳の時ご門人に宛てたお手紙にあります。道は、天照大御神であり大御神と一体となり有り難く面白く嬉しく暮らすことが人の道であり、外に比べようもないと道の奥義を懇切丁寧に御教え下されています。生命の根源である天照大御神と一体であるはずの人間が、知恵や分別を働かし、人と神とが別物となり万物と対立し、我と苦しみ難儀して道を取り外しているのです。
 しかし知恵分別も天与のものであり否定するものではありませんが、誤った使い方をしていたのでは、到底生き通しの世界に住むことはかないません。そこで教祖様は、何事も一生懸命になって事に当たり無心になって正直になりさえすれば、大御神様と一心一体となり、いかほどの事が起きても、この方に悪心や思惑さえなければ有り難い月日を重ねることが出来るのです。と御教え下されております。

教会所行事

    ★八月六日「日」
  • ☆午前十一時より
        暑中お祓い修行
          御陽気修行
  • ======昼食======   
  • ☆午後一時より     開運感謝祭
  •  八月の誕生祭・月霊祭も併せて執行いたします。 どうぞお参り下さい
    ★九月の教会所行事  
  • 九月三日「日」
       開運感謝祭 十三時より
  • 九月十三日「水」
       婦人会例会並びに敬老会 十一時三十分より
  •     
  • 九月二十三日「土」秋分の日
       秋季祖霊祭 十一時より 
  •  
お問い合わせは、教会所03-3795-4142まで

紹介

本教の教楽で、岡山に伝わる古典楽と雅楽とがひとつになった「吉備楽」筝・笙・横笛・篳篥・太鼓・舞を楽しむ会にあなたも入りませんか↓
吉備楽十六日会の紹介