これまでの御教え
平成20年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成21年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成22年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成23年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成24年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成25年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成26年 「1月」 「2月」 「3月」 「4月」 「5月」 「6月」 「7月」 「8月」 「9月」 「10月」 「11月」 「12月」
平成27年 「1月」 「2月」
 

今月の御教え

宗忠の神の教えは畏くも

日の大神の道にこそあれ     (時尾宗道高弟詠)




《解説》

立教二百年を記念して、冊子「The() Sun(サン) Century(センチュリー)―サン世紀を迎えた日拝の宗教―」(副教主様編著、日新社発行)が発刊されました。

正に今月の御教えの通り、教祖宗忠神の説き明かされた教えは「日の大神の道」です。“お日様教”と名乗れるほど、“(ひの)(かみ)(日の大神)”を中心にその信仰(祈りと教え)と歩み(歴史と活動)を語り切れる宗教は、世界中で黒住教だけと申し上げても過言ではありません。

まず、御日拝に始まる日々の祈りと、洋の東西を問わず“太陽の誕生日”と(たた)えられてきた冬至の日の本教にとっての重要さ、そして“日の教え”といえる神観・人間観・世界観こそ、新刊冊子に紹介された主たるところです。さらに、大層なことを申し上げるようですが、無限の宇宙空間の中で唯一いのちに(あふ)れる太陽系の地球という奇跡の星の中で、古来“日の本つ国”と称えられてきた日本の“晴れの国・岡山”を拠点に、“お日の出の(さと)・神道山”で、御日拝を祈りの中心とする宗教です。また、立教百六十年を神機に、古来地元の人々から「神道山」と敬称されてきた古代吉備王国の神奈備山(かんなびやま)(神霊の鎮まる山)に大教殿が遷座された所以(ゆえん)が、「壮大なお日の出を求めて」であったことも、“お日様教”なればこそのことと申せます。

「自らが何者であるかを理解するための『アイデンティティー(自己の存在証明)』と、他者に自らを伝えるための『アカウンタビリティー(説明の義務・責任)』が、グローバル(地球規模)社会では必要不可欠」なのだそうで、民族や宗教の混在する世界のほとんどの国々では、自分の信仰こそ「アイデンティティー」と「アカウンタビリティー」そのものとして最重要視されているようです。対立や紛争の原因と見なされがちですが、相互理解のために今後一層必要になるのが、私たち日本人が今まであまり意識することのなかった「アイデンティティー」と「アカウンタビリティー」という()(どころ)です。

私たちには、教祖神が明確に説き示して下さった信仰の(いしずえ)があるという有り難さを、どうぞ心に刻んでおいていただきたいと思います。

home