4月の御教え
 















有り難きことのみ思え人はただ

きょうのとうとき今の心の (御文一四七号)




















《解説》

「この時教祖思い(たま)うよう、われ元来父母の死を悲しみて、心を痛め陰気になりしより大病になりたれば、面白く、楽しく、思い返して心を養い、心さえ陽気になるならば、病はおのずから()ゆべきはずなり、ただ一息する間にても心を養うが孝行なりと思い定め給い、見るにつけ聞くにつけ天恩の有り難きことを思い、ひたすら心をもって心を養い給いしより、日々(ひび)に薄紙をへぐがごとく快方に向かわせ給う」(「教祖宗忠神御小伝」星島良平高弟著)

 心から敬慕して()まなかったご両親を、わずか一週間の内に流行病で失った悲嘆の極みに至って、(つい)にご自身が生死の関頭に立つところにまで陥った教祖宗忠様は、「今生(こんじょう)の別れに・・・」と覚悟を決めて最期の御日拝をなさいました。文化十一年(一八一四)正月、病床から抱き出されて拝した、昇る朝日を目の当たりにされた時の教祖様のご心境が明記されたのが冒頭の文章です。

 それからの、真っ暗闇の心の中に一つずつ火を(とも)していくような「ひたすら心をもって心を養う」日々の厳しさがどれほど徹底したものであったかは、明日をも知れない重篤の病を二カ月ほどで完全に払拭(ふっしょく)された事実からも拝察できます。

 そして、いよいよその年の冬至の日、天命直授(てんめいじきじゅ)という神人一体の境地に立った教祖様は、一切万物の親神が天照大御神であり、人は天照大御神のご分心(御分霊(わけみたま))をいただく神の子であるという揺るぎない確信を得られるのです。それは、ご分心のご座所である私たちの心の本当の在り方を教え示して下さった、心直しの基軸となるものでした。

 今月の御教えは、教祖様ご自身の実体験に基づいた、いわば「切れば血の出るような」生きた教えであるとともに、感謝の宗教たる本教の信仰姿勢の第一歩を示して下さった御教えの原点なのです。