9月の御教え
 

世の中はみなまることのうちなれば

ともに祈らんもとのこころを(御歌二〇二号)


《解説》


 

 「まること」とは、字のごとく「丸いこと」を示す黒住教独特の言葉です。「丸いこと」とは、天地自然が、「丸い状態」で「丸いはたらき」であることを意味します。


 まず「丸い状態」は、(ゆが)みや(かたよ)りのない調和の取れた状態です。バランスよく安定した円満な「完全調和(大調和)」が、天地自然の本来・元来の姿です。そして「丸いはたらき」は、どのような動きや働きかけも決して一方通行ではなく、直接または間接的に返ってくる双方向性の循環(巡り)のはたらきであるということです。この「循環作用」が、いつの世も変わらない天地自然の仕組みです。


 教祖宗忠様が「世の中はみな」とまで明言された「丸事(まること)」の中心・核心である「元のこころ」こそ、「誠は丸事にて、すぐに一心一体なり」(御文一四五号)、「誠の本体は天照大御神の()心なり」(同)と御教え下さった「誠」なのです。ちょうど、静かな池に石を一つ落としたときに水面(みなも)に広がる“同心円”の波紋のように、「元のこころ」をともに祈り、ひたすら誠を尽くすとき、わが“心の神”すなわち“神の心”たる天照大御神のご分心(わけみたま)を通じて、“共鳴作用”とも言える尊き御神徳の広がり(おかげ)を誰もが享受できるのです。


 心新たに「御文一四五号」(一部)を心読して下さい。


「誠の本体は天照大御神の御心なり。その有り難きことを一筋に思い、万事お任せ申し上げ、これにて何事も気づかいなしと、疑いを離れ(そうら)えば、すぐにおかげは目の前にあらわれ申すべく(そうろう)。皆人々疑いなしとは思い候えども、苦になりおく病おこり候もみな疑いなり。


 例の誠は丸事(まること)にて、すぐに一心一体なり。かよう申し上げ候も、いかがと存じ(たてまつ)り候えども、尊君(貴方)様も、小子(しょうし)(私)初めて参上つかまつり候時、申し上げ候ところを、少しにてもお疑い遊ばされ候わば、恐れながら、ただ今はこの世にはござなされ候こと、(はか)り難く存じ奉り候。さよう候えば、いよいよもって、天照大御神へお任せ遊ばし、万事少しもお気づかいなしとお定め遊ばさるべく候」