1月の御教え
 

















日の本に生まれながらに日を知らず


枝葉にともすひをかりて見る


(御歌一六二号)


















《解説》







 第六十二回伊勢神宮式年遷宮が執り行われる平成二十五年を迎えました。申し上げるまでもなく、日本の総氏神である“お伊勢様”の式年遷宮は、千三百年もの昔から、二十年に一度、分社・末社に至るお(やしろ)や神具・宝物等のすべてが建て替えられ、造り替えられて、御神威が新たに(よみがえ)り発揚されるべく営々と斎行されてきた、わが国最大にして最高の御祭りです。


 日本人としてはもちろんのことですが、私たち黒住教の道づれは、ご生涯六度にわたって参宮された教祖・宗忠神の御姿を手本として、お伊勢様とのご縁を深くいただき、二代様時代の千人参り、明治の五回の(まん)(にん)参り、そして昭和・平成の時代の萬人参りと、教祖神の御心を受け継いできています。とりわけ、今から三十九年前の昭和四十九年(一九七四)十月に竣工なった黒住教本部神道山・大教殿の御神殿部分は、前年の第六十回式年遷宮で古殿となったお社の用材が大量に下賜されたものが用いられており、一層のご神縁をいただいています。こうした尊いご縁への報恩感謝の誠を(ささ)げるべく、私たちは前回の第六十一回式年遷宮に続いて、今回も日々の信仰運動である“ありがとうございます運動”の浄財を通してご遷宮への奉賛に(こぞ)って誠を尽くしてまいりました。


 「神風や伊勢とこことはへだつれど心は宮の内にこそ在れ」(御歌九六号)と、備前岡山の地にあっても常に伊勢のお宮に御心を寄せておられた教祖神の心中を思うと、昨年十一月の「神楽岡・宗忠神社ご鎮座百五十年記念祝祭」に始まり、いよいよ来年に迎える「立教二百年大祝祭」、そして明後年の「大元・宗忠神社ご鎮座百三十年記念祝祭」までの、掛け替えのない“百年に一度”の「祭り年」の真っ(ただ)中に身を置かせていただいていることの有り難さをひしひしと実感します。日の本に真っしぐらに進んでまいりましょう。


 


ありがたや我日の本に生まれ来て


その日の中に住むと思えば (御歌四六号)